ホーム > ピックアップ > 任意の整理のメリット

任意の整理のメリット

任意整理という言葉は一般に借金整理というふうに呼ばれていてそれぞれの貸し手に対しての借金の支払いを継続することを前提とした借金を整理する手順なのです。

 

普通の流れですが、債務処理経験のある司法書士とか弁護士の資格を持つもの貸方とあなたの間に入って示談をして、法に従って利息の再適用を実行してもう一度計算しなおした借りたお金の元金にかかる利子を減らすことにより36か月くらいの期日で返済していく債務整理手順です。

 

任意での整理はいわゆる裁判所といった機関が口出ししないためそれ以外の選択と比べると、選択した際におけるデメリットが小さく処理は借金をしている人にとってあまり問題になることがないので、まず考慮していただきたいモデルになります。

 

または、債権を有する者がサラ金のような大変高額な借入利息の場合、利息制限法という法律が許している金利に追加して払った金利に関しては元金に適用すると判断され借りたお金の元金それそのものを減らすことも可能です。

 

ですから、サラ金業者といったとても高い借入金利のところに対しある程度長い期間返済を続けているケースでは予想以上の金額を減らすことができるようなこともありますし、15,6年とか返済している場合には元金そのものがなくなってしまうような場合もあります。

 

任意の整理のメリットですが、破産とは違ってある部分だけの借金のみを処理することができますので保証人が関係している負債額以外だけで整理していく際や住宅ローンを除き整理をする際等でも使用することが可能ですし、資産を放棄することは求められませんので投資信託やマンションなどの資産を保有していて、手放してしまいたくない場合などでも選択肢になる借金整理の方法となっています。

 

しかし、手続き後の返済に必要となる額と実際の手取り額を比較し、常識的に見て返済の計画が立つようならこの方法で方法を選択することは問題ありませんが、破産申告とは異なって負債そのものが消えるということではないため、借金の量がかなりある状況の場合、実際に任意整理の手続きを踏むのは困難であると判断することになるでしょう。

 


関連記事

  1. 奥さんのいる男性社員と、新人女性社員の関係について

    会社の同僚についての話です。30歳になったばかりの男性社員がいます。その男性社員...

  2. 任意の整理のメリット

    任意整理という言葉は一般に借金整理というふうに呼ばれていてそれぞれの貸し手に対し...

  3. テスト

    テスト記事です。...